今は6割が中学受験をするという地域もあるといいます。我が家も公立と私立とで迷いましたが、いろいろ考えた結果、中学受験をすることになりました。中学受験で通った塾「日能研」について同じ子供を持つ家庭の参考になればとまとめてみました。

  • 日能研の偏差値は、膨大な累積データを使って集計するので精度が高い
  • 日能研ではかる偏差値は、R4偏差値といって、とても評判が高い
    (志望校と簡単に照らしあわせられる)
  • 日能研の月謝は子供の学年や通う頻度によって変わる
    (例:週に70分×4コマで、17,640円の月謝)
  • 日能研を始めてから着実に偏差値は上がった
  • 子どものモチベーションも上がった

日能研の公式サイトはこちら

日能研の偏差値は精度が高い

お子様の中学受験が気になるかたにオススメしたいのが、なんといっても日能研です。うちの子どもは受験にそなえてまず、日能研のテストで偏差値をはかりました。

日能研の偏差値は、膨大な累積データを使って集計するので精度が高いということでした。

ですが、その日能研のテストで偏差値をはかったところ、あまりよい成績を残すことができませんでした。このままではいけない、と思い、日能研に通わせました。

日能研は月謝制です

日能研の月謝はお子様の学年や、どのていどの頻度で通うことになるかによって変わってきます。

うちの子どもの場合は、五年生からの受講でした。週に70分×4コマで、17,640円の月謝を日能研に支払いました。安くはないかもしれませんが、子どもの将来のことを考えると、この日能研の月謝は決して高くはありませんでした。特に、中学受験ともなると、将来を大きく左右することです。月謝をケチっていては始まらないと思いました。

すぐに偏差値があがるというわけではありませんでした

心配だったのは、日能研の月謝のことではなくて、日能研でどのていど子どもの偏差値があがるかでした。

すぐに効果がでるというわけではないというのは、重々承知していたつもりです。ですから、私としても、子どもにあまり期待をしないようにと、自分を抑えていました。
思ったとおり、日能研に通ったからといって、すぐに偏差値があがるというわけではありませんでした。

ですが、日能研を始めてから少しずつですが着実に偏差値があがったというのも事実でした。

学校の成績があがっただけではありません

日能研でうけたテストで偏差値があがっていると分かったのが大きな喜びにつながりました。

日能研ではかる偏差値は、R4偏差値といって、とても評判が高いです。

志望校と簡単に照らしあわせることができるので、どの程度の合格の可能性があるのか一目瞭然です。それに、子どものモチベーションをあげるのにも役立ちました。いま子どもは小学六年生になったばかりですが、すでに日能研の偏差値で志望校の合格圏内にいます。

日能研の公式サイトはこちら



日能研 月謝 中学受験>で有名な日能研の月謝を調べてみた。

ページの先頭へ